「おなかにいっぱい、あやかしの種(6話)」を読んだ感想