「催眠奴隷」を読んでみたレビュー